戻 る

令和2年10月19日、熊本県庁にて「熊本県森林吸収量認証書交付式」が行われました。令和元年度の「公社の森」における涵養林育成活動により、3.81t-CO2/年の二酸化炭素吸収量が認証されました。引き続き、CO2削減による地球環境の保全のため、継続的な育成管理に努めてまいります。

※「熊本県森林吸収量認証制度」は、企業等の地球温暖化の取り組み支援による森林整備、保全の推進を図る目的として、前年度に実施した森林整備や保全活動によって森林に吸収される二酸化炭素量を算定し認証する制度です。

交付式では、蒲島知事より、中原常務理事に認証書が授与されました。

最後に認証書を交付された12団体と合同で記念撮影が行われました。